古事記に見る日本神話の流れ

日本神話の流れ

開運と神社神様は切っても切れない関係だと思いますので、ここでは、古事記の冒頭部分に登場する神様の話を書きたいと思います。

造化三神別天つ神五柱

古事記の上つ巻は次の一文から始まります。
「天地始めて発けし時、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神(アメノミナカヌシ)」

天地(あめつち)が混沌としている状態から始めて天と地に分かれたとき、最初の神であるアメノミナカヌシが生成した、ということです。これが天地開闢(てんちかいびゃく)です。日本の神話の特徴は、天地は神が作ったものではなくて、もともとあって、そこに神が出現したとしていることにあります。

続いて、タカミムスヒとカミムスヒの二柱が出現します。生産と生成を司る神です。この三柱を合わせて「造化三神(ぞうかさんしん)」といいます。いわば、世界創造の基盤を作った神様です。

続いて、ウマシアシカビという神が生まれます。この神様は国土が固まらずクラゲのような状態でした。次に生まれたのが、天之常立神(アメノトコタチ)です。「常立」とは永遠に存在するという意味です。

この五柱を合わせて「別天つ神(ことあまつかみ)」といいます。いずれも独神(ひとりがみ)、つまり単独で生成した神で、姿形を現すことはなかったといいます。しかし、天津神の中でもとくに重要視されている神々です。

クニノトコタチと神世七代

別天神五柱に続いて誕生したのが、国之常立神(クニノトコタチ)です。クニノトコタチは、地球神です。国土としての地、その繁栄の源となり、根源神ともいわれる大きなパワーを内に秘めています。クニトコタチの誕生により、国土が形成される基礎が造られました。クニトコタチはアメトコタチに対する神で、国土の永遠性の象徴です。

クニトコタチ、豊雲野神(トヨクモノ)という二柱の独り神が生まれ、つづいて男女の性を持った5組、十柱の双つ神が誕生します。こうして生まれた二柱と5組の神々を、神世七代(かみよななよ)といいます。この七代の最後に現れたのがイザナギ・イザナミの夫婦神です。

七代といっていますが、12柱いらっしゃいます。というのはここで、夫婦が登場するのです。

イザナギとイザナミ

造化三神をはじめとする天津神は、イザナギ・イザナミの二柱に「漂っている国土を整え、作り固めよ」と命じます。そこでイザナギ・イザナミは、天空に浮かぶ「天の浮橋」に立って、「天の沼矛(あめのぬまぼこ)」を海に下ろしてかきまぜて、矛を引き上げると、矛先から落ちた塩が固まって島ができます。これが日本最初の国土オノゴロ島です。

二柱はオノゴロ島に降り立ち、「天の御柱(あめのみはしら)」という神聖な柱と、「八尋殿(やひろどの)」という壮麗な神殿を建てます。さらに、天御柱の周りを回ってお見合いをします。契の儀式として、イザナギは左から、イザナミは右から天御柱をまわり、出会ったところでイザナミが先に声をかけ夫婦の契りを交わします。

しかし最初に産まれたヒルコは形を成さない神だったので、葦の船に入れて海に流しました。次に生まれたものも島とはいえないような淡島でした。二柱の神は高天原の天津神に相談に行き、女が先に声をかけたのがいけないとわかり、儀式をやり直します。すると淡路島をはじめ八つの島を産みます。これが、大八島(おおやしま)です。大八島とは日本のことです。続いて、6つの島を産み日本を完成させます。

国を産み終わったイザナギ・イザナミは、今度は神々を産みます。まず住居にかかわる七柱の神々。次に水に関わる三柱が生まれ、
続いて、風、木、山、野の四柱が生まれ、最後に船、食べ物、火の三柱が生まれます。海神であるオオワタツミや、山神であるオオヤマツミもこのとき生まれました。

黄泉騒動

イザナミは最後に産んだ火の神カグツチに焼かれ、黄泉の国へ行ってしまいます。イザナミを失って悲しむイザナギは、剣でカグツチの首を切ってしまいます。カグツチの亡骸からは神々が誕生します。

イザナミを忘れられないイザナギは、黄泉の国へと向かいますが、イザナミはすでに黄泉の国の食べ物を食べた後で、もとの国には戻れない身になっていました。しかしイザナギの熱意に打たれ、黄泉の神に相談することにします。イザナミは自分の姿を見ないようにと言うのですが、しびれを切らしたイザナギは約束を破ってしまいます。そこでイザナギが見たのは、腐敗して蛇やウジが湧いた恐ろしいイザナミの姿です。

イザナミの変わり果てた姿を見たイザナギは、急いで黄泉の国から逃げます。イザナミは黄泉の国の醜女(手下)に後を追わせますが、イザナギは櫛を投げて撃退します。雷神が迫ってくると桃の実を投げて退散させます。ついにイザナギ自身が迫ってきますが、黄泉と現世の境目を大きな岩でふさぎます。

最後にイザナミは捨て台詞で「地上の国の人を1000人殺す」といいます。そこでイザナギは「では1500人産ませよう」と答えます。以降、この世では1日に1000人の人が死に、1500人の人が生まれるようになりました。この二柱が人の生き死にに関わる神様であるということを暗に示しています。

三貴神誕生と誓約

イザナギは黄泉の国から地上に戻り、黄泉の国でのゲガレを日向の阿波岐原(あわぎはら)で、水にて清め祓います。禊からは、ワタツミ三神や住吉三神らが生まれます。

禊の最後に三貴神が生まれます。左目を洗ったときにアマテラスが、右目を洗ったときにツクヨミが、鼻を洗ったときにスサノオが産まれます。そして、アマテラスには高天原を、ツクヨミには夜の世界を、スサノオには海の世界を統治させます。

イザナギに海の統治を命じられたスサノオは泣いてばかりいたので、葦原中国(あしはらのなかつくに)から追放されてしまいます。
スサノオは姉のアマテラスに別れを告げようと高天原に向かいますが、アマテラスは武装して待ち構えます。

そこでアマテラスは誓約(うけい・うけひ)をして、スサノオの本心を確かめます。アマテラスは、スサノオの剣を水で洗って噛んで息吹きを出します。このとき生まれたのが宗像三女神です。スサノオは、アマテラスの勾玉から男神を5人生みます。そしてなぜかこれで、スサノオが勝利したことになります。

【無料メルマガ】今日のこよみ語り「可能性のとびら」

メールマガジン
毎朝6時に、日々の暦、十干十二支、天体の動き、数秘サイクルなどや、開運ワンポイント情報をお届けします!